FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

醤油を吟味する方に是非

荻窪は朝からシトシト雨が降っています。
数日の暖かさで開花目前の桜には、
程よいお湿りになって一気に咲き出すかもしれません。

17_mimata_0122.jpg
巳亦敬一 醤油差し 紫 5,400円
W10.5cmD6cmH8.5cm


桜花のぱっと一気に咲く様子は見事で、
春がど〜んとやって来た感がありますが、
散っていくのも一気でそれが良いのですが、
咲き出してからの雨、風などの天気の状況なのか、
楽しむタイミングを逃すほど短い時があります。
今年は開花が早そうですが、
その分少し長く咲いていてくれば嬉しいのですが、
どうでしょうね。

17_mimata_0123.jpg

さて今日ご紹介するのは、
巳亦敬一さんの醤油差しです。
手仕事ならではの美しく繊細なフォルムで、
上品な紫の本体、スキの注ぎ口、黄色いフタの構成です。

17_mimata_0125.jpg

この醤油差しはまず何より切れが良く、
必要な分だけを的確に注げます。
比較的小ぶりなのも醤油の味を保てる分量で、
醤油を吟味していらっしゃる方に、
ぜひ使っていただきたい逸品です。

17_mimata_0124.jpg

優雅なデザインの注ぎ口など、
扱いには優しさが必要ですが、
食べることを大切に考え楽しんでいる方には、
醤油を注ぐのを楽しんでいただける醤油差しです。

              甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4039-21b3526d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)