FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

春光に映える化粧土

昨日の雨が上がり春の陽が差している荻窪です。
湿度か花粉かもやほどではなくても、
極薄いベールがかかっているようで、
春らしい柔らかな日差しです。

17_mitufuji_0166.jpg
粉青総刷毛目舟形鉢7寸 8,856円
W23cmD17cmH7.8cm


そんな春の光りに重なる優しい表情の鉢をご紹介いたします。
光藤佐さんの粉青総刷毛目舟形鉢七寸です。

17_mitufuji_0167.jpg

素地はカチッと焼かれて堅めで丈夫ですが、
表情が柔らかく優しい質感です。
それは白化粧が粉引のように泥土に浸けるのではなく、
刷毛で隈無く施した総刷毛目だからです。

17_mitufuji_0168.jpg

光藤さんのリズミカルな刷毛裁きから、
素地がうっすらと垣間見えていて、
化粧土の濃淡から立体感や奥行きが表れて、
表情に優しい陰影が生まれています。

17_mitufuji_0169.jpg

またロクロ挽きの後に穏やかに歪ませ、
縁を切り欠き舟形に成形した形も、
少し戯けたような遊びのあるフォルムになり、
器のもつ印象をより柔らかくしています。

それでも一本筋を通すように、
凛とした気品を持たせているのも、
光藤さんの技量と器作りへの姿勢にあると思います。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4040-ac80e1d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)