FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

春の日差しが煌めくガラス小鉢

気温が上がって来たせいか、
冷たい食材やさっぱりした食材が欲しくなります。
食卓にもガラス器の出番が目に美味しい季節になってきました。
今日は巳亦敬一さんの新スキボール線巻きをご紹介いたします。

18_mimata_0017.jpg
巳亦敬一 新スキボール線巻き 3,672円
径12.5cmH7cm


形はシンプルな蕎麦猪口などと基本が同じロート型で、
重なりもよく、盛り付けが映える、使い回しの効く器です。

18_mimata_0016.jpg

上に行くほど口径が大きくなるロート型は、
手にしたときに持ちやすさをカバーしますが、
このボールは線巻きが施されて、
より手にかかりがあって安定感のあるように、
デザインされています。

18_mimata_0018.jpg

もちろんガラスのデザインとしても、
螺旋に巻かれた線は光りを受けて、
黄金色に美しく煌めいて器に気品を与えています。

18_mimata_0019.jpg

着せるデザインの多い新スキシリーズの中では、
高台もなくシンプルな単衣のカップだけなので、
手持ちも軽く爽やかな印象のあるボールです。

料理、デザート、果物と使い勝手も広く、
ロート型の特徴の重なりもとても良く、
収納性が高いデザインは使い勝手の良さになっています。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4045-e8f58350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)