FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

はしり梅雨

週末からお日様が久しぶりに顔を出していましたが、
今日はなんだか怪しい天気。
今年は、5月のイメージの空を見る機会が少なかったようです。
まるで梅雨が来たように感じたほどで、
お客さまと会話にも、
「このまま梅雨になってしまうのでは?」
などと、良く話題に出ました。
「はしり梅雨」という言葉かあるそうですが、
それにあたるのでしょうか?

異常気象なのでしょうか?
早くなっていくサクラの開花。
やたら長い夏日。
いやと言うほど降る雪。
もしかして、梅雨も早めにきてしまっているのでしょうか。

mmt248.jpg


蒸し暑いと感じる日が多くなるこれからの季節に、
手にすると、涼感を呼ぶガラスの器は、
私たち日本人にとっては、当たり前のように夏の器です。
でも、これは世界のなかでは、まれなことなのです。

たとえば、洋食のフルコースなら、
アイスクリームで、果物でも、
一年中、他の料理と同じ磁器の器で出てくるでしょ。

mmt181.jpg



ガラスの器に、お刺身や、あらいや、酢の物や、
果物や、甘味がでてくるのは・・・。
そう、和のお料理屋さんですよね。

ガラスに涼感を感じ取り、
夏の器として、目のご馳走にするのは、
私たちの、文化です。
心の中に自然に息づいている、
大切にしたい、和の感性なんですよ。

          甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/405-b34471d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)