FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

シンプルだけど・・・遊び心満点

野波さんの白い器は、
ロクロ挽きの瑞々しさを瞬間的に止めた美しさがあります。
削りもなるべく少なくして、
フォルムは至ってシンプルなものが多いです。

nnm286.jpg


鉢や碗などは特に、高台も目立たないように仕上げてあり、
挽き出したそのままの形にも見えます。
でも、野波さんにとっては、作ること全てが遊びのようで、
こんな水滴も作ります。

nnm282.jpg


器でも、この皿の裏をかえすと・・・・。

nnm286.jpg


洗うオーナーぐらいしかわからない細工が・・・。

nnm291.jpg


花びら型の碗たちは、お茶やお酒をいれると、花びら型になり、
高台には蕊のが・・・・。

こんな遊び心が、直接は見えないのですが、
シンプルな鉢や碗にも仕込まれているために、
白い器なのに、すごく色を感じたり、
暖かかったり、手にしてほっとしたりするんですよ。

うーん、これはやはり、ぼくの文章力では表現無理ですね。
手に持って触れて頂くのが・・・・一番かな。

                 甘庵
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/411-05967fc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)