FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

取り回しと盛り映え

白い器は、「取り回しがきく」とか、
「盛り映えがする」とか、
ものの本に書いてあったりしますが、
一概にそうは言えないのではないでしょうか。

美しく取り回すには、しつらえるゆとりや、見立てる遊びが必要で、
盛り映えるには、美味しく、楽しく食べるためと、
思い遣る気持ちが基本にないと、
小綺麗にまとまっていても・・・・、
やはり、目にも、舌にも、心にも、美味しくないとね。
そんな気がします。

nnm263.jpg


野波さんの器は、
青白磁(ちょっと青みがかった白磁)と、
マット白磁(艶のない白磁)の二種類で構成されています。
絵付けも、釉の変化や、窯変なども基本的にはありません。
それでも、どの器にも、一つずつのとても濃い表情があります。
一つ一つの個性に溢れています。
やんちゃの白もあれば、静かな白もや、
華やかな白も、穏やかな白もあります。

nnm261.jpg


とはいえ、それぞれの白いうつわの表情を自由に感じとり、
器と会話するように、盛りつけ、しつらえれば、
いっそう器を楽しめ、生かせるます。
色合いに関しても、様々な色合いを受け取りれると言えます。
その意味でも、懐は広いと思います。
取り回しや盛りつけも十人十色に楽しめば、
素敵使い方は無限大です。

           甘庵
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/412-87440f61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)