FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

かさなる彩りが織りなす奥行き

やっと雨があがり少し日差しが出てきた荻窪です。
日が伸びてきて傾きもまして、
朝夕は窓から入る日差しが多くなってきました。

18_mimata_0675.jpg
巳亦敬一 デザートカップ グレー 5,184円
径13.2cmH6.5cm


それでも夏とは違う秋の光で、
受ける器の色合いや表情が変わってきています。
とくに彩りのあるガラスは夏とは違う、
深みのある表情をみせています。

18_mimata_0676.jpg

今日ご紹介しているのは巳亦敬一さんの、
重ねた彩りが魅惑的なデザートカップグレーです。

18_mimata_0678.jpg

巳亦さんの彩りガラスは光を受けて、
器自体が仄かに明るさを帯びます。
複雑に重ねられ組み合わされた彩りが、
立体的な奥行きがよくわかり、
デザートカップの中に幻想的な空間が生まれています。

18_mimata_0679.jpg

見込み側から見える彩りと、
外側からみる彩りの違いで、
重ねているのがよくわかります。

このデザートカップの出来上がる工程は、
複雑で手間のかかっているのですが、
巳亦さんの巧みな技で美しく整ったフォルムからは、
安定感や安心感を覚えても、
複雑な工程がなかなか見えないところが見せないところが、
すごい技なのだと改めて思いました。

                      甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4157-6cd23287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)