FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

土味が恋しいときにオススメの片口鉢

秋めいてくると土味を感じる器を使いたくなります。
焼き締めは釉を施さずに焼き上げるものですが、
釉薬をかけた焼き物が一般的になる前の古い時代では、
当たり前の焼き物の姿でした。

18_turumi_0694.jpg
鶴見宗次 手ひねり焼きしめ片口鉢 5,400円
W16cmD16cmH8cm


多くの国では釉薬を手に入れてからは、
焼き締めは廃れてしまうのですが、
侘びた表情を好む和の器としては、
愛され作り続けられています。

18_turumi_0695.jpg

薪で焼成したころは炎のあとや灰が降った自然釉など、
窯変が楽しめるのが器が焼き締めでしたが、
単房の穴窯から連房の登り窯へ進化して、
釉薬は汚れず良いのですが窯変は少なくなります。
現代の多くの窯はガス、灯油、電気が熱源になり、
能率のよい炎で灰が降ることもなく、
窯変は生まれません。

18_turumi_0697.jpg

ご紹介している鶴見宗次さんに手ひねり焼き締め片口鉢は、
あえて轆轤をを使わずに成形して、
木灰をかけてギリギリまで焼き締め、
冷却還元で素地を黒くしあげるという、
ガス窯で古い時代の焼き締めをリスペクトした、
現代の日常食器として作りあげました。

18_turumi_0698.jpg

ともかく盛り映えします。
不思議なほど色々な料理が美味しそうに、
盛り映えする器です。
また片口として注ぐと・・・スパッと、
不思議なほど水キレが良いです。
使い方が広がる片口鉢です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4159-a3a24e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)