FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

彩もフォルムも日常に使いやすい皿

今日も朝からどんよりとした空で、
しとしと降り出してきた荻窪です。
どことなくひんやりと感じて、
飲み物も料理も温かなものが恋しくなります。
器も自然と土味があったり、
濃いめの色合いの釉調が、
美味しそうに感じてくる季節です。

18_kubota_0602.jpg
久保田信一 二彩深皿 3.024円
径16.5cmH3.7cm


今日は久保田信一さんの二彩深皿をご紹介します。
取り皿にぴったりな5.5寸のサイズと、
縁がすっと立ち上がって深さのある皿は、
これ一枚あればかなりの料理を受け止められる、
守備範囲の広い使い勝手抜群の日常皿です。

18_kubota_0604.jpg

お天気か季節なのかこのところコンビニの宣伝で、
おでんをみかけますがぴったりの皿です。
鉢だと複数の具材で下に沈みこむものがでますが、
それがなく、しかも汁が適度に注げます。


18_kubota_0606.jpg

おでんに限らず煮汁やソースが適度に欲しい、
そんな料理にはぴったりで力を発揮します。
と同時に見込みがゆったり平たいので、
基本の皿として普通に使えます。

18_kubota_0605.jpg

料理が盛り映えする黒から緑の釉調は、
灰釉に含まれるわずかな鉄分が緑を発色し、
縁と脇と見込みに鉄下絵が灰釉に溶け出して、
黒から茶を滲みだしています。

どの色も鉄から生みだした自然な発色で、
飽きのこない深みのある彩をみせています。
多様性をもたせた日常の皿にとって、
ぴったりな彩に仕上がっています。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4162-e96314b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)