FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ホタル野波流

やきものに「ほたる」という手法があります。
蛍になぞらえて、そう呼ばれたのでしょう。

nnm335.jpg


おわかりなりますか~。
デテールが映りにくいのですが、
説明すれば、磁器などの素地に穴を穿って、
そこをガラス質の釉薬で埋めてしまうと、
ステンドグラスのように、
光りが透過して、ほんのり明るく見えます。
蛍の光る様に見立てたのでしょう。

nnm341.jpg


この「ほたる」は中国や九州圏の磁器産地で伝統的な技として、
受け継がれていますが、
それとはひと味ちがう、野波流を見せてくれます。

穿つ穴の数は、一つか二つ。
アクセントとして、
リズミカルな構図として、
とても有効に配置されています。

モダンな「野波ほたる」です。

          甘庵
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/417-98804de1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)