FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

端正な造形を使う

また台風がやってきています。
本当に今年は大きな台風が多くて心配です。
毎週続くパターンですが、
慣れることが油断にならず経験として対応したいものです。

18_autumn_0748.jpg
角掛政志 灰釉片口大 6,480円
径19.5cmH10cm


器にも慣れることは良いことでもあるのですが、
慣れる基本を見定めることが大切になります。
手仕事の器を並べるうつわ屋としては、
良い手技の仕事から生まれた器を、
身近て使って欲しいと思います。

18_autumn_0751.jpg

良い器に慣れるのが器の選びから使い方まで、
自然とグレードアップしていく近道だと、
甘庵は思っているからです。

18_autumn_0749.jpg

その意味でもご紹介する角掛政志さんの灰釉片口鉢は、
盛り鉢、ボール、片口を多用性が高く、
使い勝手よく盛り映えするオススメの器です。

18_autumn_0752.jpg

達者な轆轤挽き、カチッとしたディテール、
無駄がない軽く、しっかり焼けて丈夫。
実用の器をしての納得の仕上がりです。

そして美しいフォルムをもっています。
隅々まで端正な仕事は、
実用の美として使い込むことで、
器への基本スケースにして欲しい器です。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4171-2095aa95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)