FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

長く作られながら新鮮なボール

荒川尚也さんの個展から今日ご紹介するのは、
息の長い定番になっているボール小です。
名前がシンプルでそのままなのは、
定番のボールとして作られたはじめの形だからです。

18_arakawa_0068.jpg
ボウル小 3,888円
径13cmH6.5cm


その後フォルムや大きさなど、
自然な形でわずかなマーナーチェンジを経て、
今の形で落ち着いています。

18_arakawa_0070.jpg

何より何気ないフォルムでいながらも、
丸みの具合が絶妙で可愛らしい点と、
毎日のように出番が多くなる使いやすさです。

18_arakawa_0071.jpg

荒川さんのガラスは丈夫という評判ですが、
確かに甘庵も35年以上使っているグラスや、
30年は経っている鉢などがあります。
このボールも20年以上使って補充される方や、
娘さんの新暮らしにという声を聞いてきました。

18_arakawa_0072.jpg

巧みに調合された素地や、
徐冷(ガラスの緊張点までゆっくり冷ますこと)などに加えて、
適度な厚みのある縁などヒットしにくいフォルムのデザインは、
日常で使われて生き生きする宙吹きガラスを目指したことです。
しっかり作られた日常の器を生み出してきて、
茶器やアートと言える趣が大切になる作品が、
荒川さんの手から自然とつくりだしています。

それでも基本である日常のボールは、
長く作られ長く愛用され、
今もまだ新しい出会いもある、
新鮮さを失わないガラス器です。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4190-a81ba182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)