FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

遊び心に溢れた湯のみ

開催中の光藤佐さんの個展から、
今日は遊び心に溢れた色絵湯のみをご紹介します。

18_mitufuji_0238.jpg
光藤佐 色絵筒湯のみ 小 4,320円
径7.4cmH6.2cm


怪獣?恐竜?何の花?
よくわからない絵だけど可愛らしさを感じてしまう。
なんだか不可思議な絵付けと色使いの、
インパクトが強い仕事です。

18_mitufuji_0239.jpg

子供の絵やいたずら書きを思わせるような、
へたっぴにも思える絵なの、
とっても楽しく愉快に感じてしまう魅力があります。

18_mitufuji_0240.jpg

線描きにあたる部分が盛り上がっています。
イッチンという手法で素地を水に溶いた、
ドロドロの泥土をに絞り出して描いています。
描きにくさが程よい稚拙さを見せて、
夢のある世界観が生み出しています。

18_mitufuji_0241.jpg

高さのある線描のあいだに色を釉をさして、
高温で釉薬に滲み出してぼかし効果も生まれて、
表情により深みをもたせています。

これはきっと光藤さん自身の遊びなんだとしか思えません。
夢中になって楽しんだ結果に生まれた作品です。
その楽しさが手にしたぼくらの心にも流れ込んできて、
気持ちをハッピーにしくれる湯のみです。

                   甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4197-fc6508f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)