FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

料理が華やぐ飴釉鎬四方皿

華やぐ冬の器展から今日ご紹介するのは、
藤田佳三さんから届いた器から、
甘庵好みの飴釉鎬四方皿をご紹介します。

18_12_fujita_0526.jpg
藤田佳三 飴釉鎬四方皿  3,240円
□13.5cmH4cm


藤田さんの絶妙なタタラ仕事で、
鎬も美しくシャープなフォルムに、
渋い飴釉が施されています。

18_12_fujita_0527.jpg

鎬の稜線の釉薬が薄く淡く、
見込みに流れ込み濃く、
釉調の濃淡で飴釉の良さが、
実に見事に生かされています。

18_12_fujita_0528.jpg

淡い部分が黄色味を帯びています。
黄瀬戸、黄伊羅保、交趾焼の黄釉と、
和食全般が映えると料理人から好まれる色合いです。
この器も間違いなく料理が映え華やぐ器です。

18_12_fujita_0529.jpg

今回は、人気の赤絵も染付も紅安南も届いていますが、
甘庵は飴釉の作品に目が行き、
計算された藤田さんの仕事ぶりに、
完全に魅了されました。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。
 
       

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4227-49e3804d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)