FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

冬文様のガラス器

暮れから冬型の天気配置の荻窪は、
晴れが続いて乾燥しています。
基本的には晴れる方が嬉しいのですが、
それでも少しだけお湿りが欲しくなってきました。

18_mimata_0069_20190105112509fe1.jpg
巳亦敬一 デザートカップ みぞれ 緑線 5,184円
径12.5cmH7.8cm


ところ気温が低いまま降り出すと、
雪の心配が出てきてしまいます。
普段降らない街では少しの雪でも、
大騒ぎになってしまいます。

18_mimata_0070_20190105112510f57.jpg

積もることのないみぞれぐらいまでなら、
交通にも足元にも無難なのですが、
みぞれはどこか雪よりも冷たい印象になります。
気持ち的にも少しもの悲しくなるのは、
甘庵だけでしょうか。

18_mimata_0071_20190103102704a02.jpg

でもご紹介している巳亦敬一さんの、
デザートカップみぞれ緑線文は、
美しい文様にデザインされていて、
ガラス>涼しげ>夏の器という概念から、
エアコンの効いた感想気味で暖かなお部屋で、
喉ごしの良い冷たいデザートを楽しむという、
前向きな取り入れ方が出来ます。

18_mimata_0072_20190105112512865.jpg

縁には切り込みが施されています。
夏に使うときには輪花と解釈して、
冬には雪輪とイメージすれば、
四季を通して使えるデザートカップです。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4237-ef9eed92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)