FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

渋めだけど花のある七寸皿

休みに春日に誘われて荻窪界隈を散策していると、
梅の香りが漂ってきました。
目をあげると白梅が咲き出していました。
風はまだまだ冬なのですが、
目と鼻でしっかり春を感じ取りました。

17_mitufuji_0186_20190201115923bfb.jpg
光藤佐 粉青三島皿7寸 7,020円
径20.5cmH3.8cm


ご紹介する器にも春を感じる花が欲しくなりました。
といえ桜ではなく梅の感じの少し渋めのイメージです。
光藤佐さんの粉青三島皿七寸です。

17_mitufuji_0187_201902011159249fb.jpg

三島というのは少し鉄分を含んだ素地に、
削りや型押しで凹みを作り、
凹み部分に化粧土を埋め込み、
濃いめの素地の中に白い文様を施します。

17_mitufuji_0188_201902011159266a6.jpg

桃山時代に半島から伝わりました。
当時の三島神社の三島歴を思わせた様子から、
三島と呼ばれたと言われています。

17_mitufuji_0189_20190201115927d02.jpg

光藤さんの七寸皿は、
見込み中央部分には花形が押され、
その周囲に輪を挟み、
中心から放射状の短い線文が二重に入ります。
この線文は飛びカンナという手法で、
ロクロに置いた皿を回し、
カンナという金属の削る道具を、
同じリズムで振動させるようにして削り、
回転方向へ点々と飛んて削るという、
アクロバットな技術です。

リズミカルで動きのある、
独特の文様から春の兆しを感じました。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4257-8f8f048e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad