FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

柔らかな春陽が映る鎬文

晴れた午後になると、
荻窪銀花の窓からも春の陽が差し込みます。
程よく柔らかな陰影を生み出して、
器の表情を浮き上がらせます。

19_spring_0027.jpg
光藤佐 白磁鎬飯碗 大 5,400円
径12.3cmH6cm


ご紹介する速度感のあるシャープな鎬の、
光藤佐さんの白磁飯碗も春陽に映えます。

19_spring_0028.jpg

純白ではない磁器土の素地に、
穴窯で焼かれて灰が降り自然釉となり、
淡いブルーグレーの仕上がりが、
柔らかな日の中ではより温かみを帯びます。

19_spring_0029.jpg

陽に映し出された鎬文の陰影は、
力強さや鋭さを程よく包み込み、
何故か角が取れて穏やかにさえ見えます。

19_spring_0030.jpg

光藤さんの器はどれも、
素材の引き立て盛り映えしますが、
この白磁の飯碗もしかり、
料理を受け止めより美味しそうにします。

山菜おこわ、筍ご飯、桜えび炊き込みご飯・・・。
春の食材を炊き込んだご飯が思い浮かび。
飯碗が美味しそうに見えてきます。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4266-c5b98caa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)