FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

掻き落として描いた春

久々に朝からスッキリした天気の荻窪です。
風はまだ冷たくてもお日様の力で、
草木が芽吹く準備しているのが伝わってきます。

17_mitufuji_0194.jpg
光藤佐 粉青掻落皿6寸 6,048円
径18cmH4cm


そう思って今日オススメするのは、
光藤佐さんの粉青掻落皿六寸です。
掻き落としというのは、
作り方そのままの名称です。

17_mitufuji_0195.jpg

基本は粉引と同じで、
器として成形したのちに、
白化粧土を全面に施します。
その後に、線掘り等で白化粧土を削り、
化粧土よりも濃い色の素地を見せて、
白地の文様を浮き立たせます。

17_mitufuji_0196.jpg

この六寸皿の文様が双葉の中から、
芽吹く花を対に描いています。
化粧土の厚み分が立体感を生み出して、
重厚感ある文様に仕上がっています。

17_mitufuji_0197.jpg

シンプルながらも大胆な文様が、
印象深くて盛り付けしにくいと、
思われる方も御出でになるかもしれませんが、
料理を引き立てることはあっても、
決して邪魔をしません。

それはまず文様が器の地肌になっていて、
取ってつけたような浮いた感じがなく、
大胆なのに品格を持っています。
また釉薬が灰かぶりの白化粧部分も素地部分も、
ナチュラルな自然素材の渋い色合いで、
盛り映えする使いやすい皿に仕上がっています。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4279-ef51f105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)