FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

美しく使う

籠は、使う目的で作られた工芸品です。
使われているときが一番美しいと、ぼくは思っています。
ただ、使われ方は、時代や環境で、どんどん派生していしていくものです。
ぼくの世代では、買い物籠のイメージが固まっていた手提げ籠も、
若い方が、ファッショナブルに街持ちのバッグとして、
お洒落にお使いになるのも、
これらの籠が、本来は欧米向けのバスケットだったことを思えば、
使われ方としても、先祖返り・・・・いえ、元々の使われ方なのですね。

kago197.jpg


小振りの籠を、「リモコン入れに」とお求めになるお客さまが多いです。
四角いマガジンラックを焼きたてのパンの持ち運びにと。
薄目の四角い手提げは本やスコアーが折れずにお稽古通いにと。
大きめのアケビの籠をウォークインクロゼットの衣類整理にと。
やきものに優しい碗籠を抹茶碗の簡易水屋にと。

kago425.jpg


日本の風土から生まれた自然素材の魅力を理解いただいているからこそ、
お客さま方の使い方の工夫は、
伺っていて楽しくなります。

kago417.jpg


皆さんだったら、どんな使い方をなさるでしょう。
ぜひコメント、おしらせください。

           甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/428-eb23f43f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)