FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

白くない白磁そばちょこ

「真っ白でない白っぽい器展」から、
薪で焼く穴窯でできた光藤佐さんの、
自然釉がかかって白くない白磁そばちょこをご紹介します。

19_offwhite_0080.jpg
光藤佐 白磁そばちょこ 大 3,456円
径8.5cmH6.5cm 程よく入れて150cc


キリリとして気品のある白磁はもちろん魅力的ですが、
同じように作られ施釉された白磁を、
穴窯で芯までしっかり焼かれて、
力強い窯変を見せているのも惹かれます。

19_offwhite_0082.jpg

強う炎の中で溶けている釉薬の上に、
薪が燃えた窯の中に舞った灰が着き、
釉薬に重なって淡く色づかせています。

19_offwhite_0081.jpg

さらに、口に巻いた鉄化粧も釉薬に溶け出し、
淡い黄色や緑ににじませています。
厚くなった釉薬は冷める時に、
クラックを生み出しています。
貫入です。

19_offwhite_0083.jpg

端正というより重厚な仕上がりの白磁そばちょこは、
白磁でありながら陶器に近い、
温かみのある表情を持っています。
それでも磁器の持つ汚れにくく丈夫で、
使いやすい日常の器としても特徴は変わらず、
多様に使えるそばちょこの使い勝手を広げています。

                  甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4283-25526128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)