FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

萌える若葉色の五寸皿

お休みは所用で車で移動する際に、
江戸の時代の桜の名所になる玉川上水に沿った、
五日市街道を走りました。
ソメイヨシノだけではなく山桜も多く、
古の風情を思わせてくれる桜みちです。 
また武蔵野に雑木林のイメージを残す木々が、
芽吹き出して春の柔らかな彩りを見せてくれる街道です。

19_kubota_0029.jpg
久保田信一 灰釉二彩(白土)小皿 2,592円
径15.5cmH3.5cm


萌え出した若葉の色合いに似た、
久保田信一さんの深さも程よく使いやすい、
灰釉二彩(白土)小皿をご紹介します。

19_kubota_0031.jpg

久保田さんは鉄の発色と素地の土の絡み合わせて、
この皿のような緑や黒、茶、黄色、グレーまで、
多彩な釉調を見せてくれます。

19_kubota_0032.jpg

この皿も溶けた釉が含まれる鉄の量で、
緑の濃淡のグラデーションや、
動きのある景色を引き出しています。

19_kubota_0033.jpg

灰や長石や鉄など自然な素材から生まれた、
ナチュラルな彩りなので、
様々な食材を美味しそうに盛り映えさせます。

五寸というサイズと適度な深さが、
日常の器として実に多様に使える、
手元にあると自然と出番の多くなる皿です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4297-2e423dd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)