FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

吉祥文様 鶴亀松竹梅

輸送手段が限られていた頃には、
焼き物は苦労して遠くまで運ばれていたはずです。
そうして出会った器を大切にして、
長く使われてきたのでしょう。

19_holiday_0128.jpg
色絵金彩輪花八寸皿 径24cmH3.6cm

特にお祝い事を意識した器には、
様々な思い入れも重なって、
晴れの場を盛り立てたことでしょう。
今日ご紹介する八寸皿もそんな一枚だと思います。

19_holiday_0129.jpg

色絵金彩で鶴亀と松竹梅文が描かれた輪花八寸皿です。
わかりやすいおめでたい文様で埋め尽くされています。
それでいてゴテゴテ感がない上品な気配を感じられます。

19_holiday_0090.jpg

甘庵が気に入っているいるところが、
笑顔に見える鶴亀がちょっと可愛いんです。
目の表情がコミックスにありそうな鶴さんと、
昔の文様や図案にある耳のある亀さんの、
見つめ合う構図は気持ちをハッピーにしてくれるデザインです。

19_holiday_0134.jpg

唐草で囲めれた見込絵は、
桐紋が3つ描かれています。
もしかしてお祝い事に合わせての注文した、
家紋入りの特注品でしょうか?と、
数世紀経った現代の甘庵が手にして想像しています。

                    甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4314-3e79b8d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)