FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

吉祥文様 瓢

各地でお祝いムードがいっぱいで、
新しい元号の令和を迎えたと話題が多く、
平和だな〜と改めて感じます。
素直に喜ばしいこととして受け止めたいです。

長い連休も後半に入りました。
銀花も今日から5日までお休みなく、
温故知新をテーマにした催しで、
皆様をお迎えします。

19_holiday_0193.jpg
瓢文輪花三寸五分皿 径11.2cmH2.5cm

そんな中から瓢(ふくべ・ひさご)文輪花三寸五分皿を、
ご紹介いたします。
秀吉の千成り瓢箪や夕顔棚納涼図などでも知られるように、
古くからおめでたい身近な植物です。

19_holiday_0194.jpg

身を細く削って乾かした食べるかんぴょうの夕顔も、
入れ物などとして重宝された瓢箪も近い仲間のようです。
古くから人が栽培していくうちに変化していったようです。

19_holiday_0195.jpg

瓢の形がなんとも良いですよね。
くびれがあり手にも馴染むし、
また同じ形がないところも良い。

19_holiday_0196.jpg

この皿には中央から三方に実を配し、
巻くつるが唐草同様の吉祥文様になって、
繁栄をイメージさせています。
デザインとしても面白と同時に、
安定感があってまとまっています。

平らな見込みと程よく立ち上がりのある縁は、
古い皿に多い形ですが実用性の高く、
重なりも良く使い勝手の良さは、
現代の食器としても見本になるデザインです。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4317-266dc29a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)