FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

思いがけず盛り映えする六寸皿

勢いのある緑が初夏の日差しに美しく輝いています。
茂った木々が作り出す木陰が嬉しい季節になってきました。

17_mitufuji_0194.jpg
粉青掻落皿6寸 6,048円
径18cmH4cm


今日ご紹介するのはこの季節を思わせる、
対の葉の中に新しい芽や蕾の勢いのある様がそのまま文様になった、
光藤佐さんの粉青掻落皿六寸です。

17_mitufuji_0195.jpg

轆轤で成形後全体に化粧土を刷毛引きして、
竹べらなどで掻き取って白地の文様を描き出します。
刷毛目跡のある白い素地に薪窯焼成の灰かぶりが、
大胆でシンプルな文様に深みを持たせています。

17_mitufuji_0196.jpg

絵柄は印象的な文様ですが、
白い化粧土も、
掻き落とされた素地も、
灰釉も灰かぶりも、
全てが自然の素材のため、
不思議なほど料理を引き立たせて、
美味しそうの盛り映えさせてくれます。

17_mitufuji_0197.jpg

程よい縁の立ち上がりがで、
色々な食材や料理を受け止める使い勝手の良さは、
器つくりの上手な光藤さんらしいところです。

露地物が美味しくなる野菜も、
甘みが増す果物も、
種類が豊富な魚も、
似合う六寸皿です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4337-ea097342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad