FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

涼感がご馳走になるグラス

またまた大きな地震がありました。
今のところは亡くなられた方もなく、
各所の対応も速やかだったように感じました。
日本に住む限りどこで起こっても不思議でないことを、
一人一人が心に留めていることを、
改めて大切だと思いました。

さて、今日は蒸し暑くなるこれからの季節に、
涼感がご馳走になるグラスをご紹介します。
荒川尚也さんの渓流グラス小です。

19_arakawa_0353.jpg
荒川尚也 渓流グラス 小 4,644円
径7.5cmH8.3cm


荒川さんの澄んんだ素地が生かされて、
渓流の流れのような泡と水しぶきのような凹凸が、
見ているだけで体感温度が下がるグラスです。

19_arakawa_0352.jpg

四季のある気候はあらゆる和の文化の下敷きなっていて、
器でも絵付けや素材感などから、
イメージでを広げて季節感を、
取り入れ楽しんできました。

19_arakawa_0351.jpg

器としては新しい素材のガラスは、
明治以降急激に庶民も楽しめる器になり、
他の器にない透明感から涼感を覚え、
夏の器の定番になりました。
グラスはその代表ですね。

19_arakawa_0354.jpg

水のような澄んだ素地が生かされた渓流グラスは、
涼感溢れる一杯の飲み物で、
心づくしの夏のおもてなしになります。

             甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4348-a5a916f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)