FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

冷たいお茶のポットで

今日の荻窪は曇り空ですがじわじわ気温が上がってきて、
梅雨の季節らしくとても蒸します。
こまめな水分補給を心がけるようにしましょうね。

19_kato_0357.jpg
加藤財 ポット 黒平 12.960円
容積450cc
光藤佐 白磁そばチョコ 3,240円
径7.3cmH5.5cm


この季節になると水出し煎茶をします。
今はティバック型の煎茶や、
袋だけ手に入るのでお気に入りの茶葉を入れて、
容器に入れ水を注いで冷蔵庫で一晩。

19_kato_0356.jpg

お湯管理の下手な甘庵なので、
こちらの方が明らかに甘みが出ます。

19_kato_0355.jpg

そこでオススメなのが加藤財さんのポット黒平です。
丸型よりも全体の径が大きく、
比例して蓋口の径も広くなります。
ティパックも取り出ししやすくなります。
それに冷蔵庫に入れていても安定感もあります。

19_kato_0358.jpg

プラスティックの容器でも味は特段変わらないかもしれませんが、
冷えたポットをそのまま出すと、
結露した焼締の肌がいい具合に涼しげになり、
舌からだけでなく目からも涼感を楽しめます。

甘庵の平型は事故で破損してしまい、
今はなすび型で水出していていますが、
やはり平形も欲しくなります。
ポット4客と急須4客を茶葉で使い分けて使っていますが、
いくつあって欲しくなるのが財急須の魅力です。

                 甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4350-59c65428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad