FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

でっかい鉢の魅力

今日ご紹介するのは、光藤佐さんの粉引片口鉢八寸です。
両手で持つ感じのサイズです。
このたっぷりサイズの存在感がいいです。
料理好きの方、食べるのが大好きな方には、
オススメのサイズ感なのですが・・・。

17_mitufuji_0061.jpg
光藤佐 粉引片口鉢8寸 19,440円
W25.3cmD21.7cmH9.5cm


でも家族数が少なくなり盛り付けす分量が減り、
健康のために糖質カットするために分量が減りで、
出番が少なくなっているのかな。

17_mitufuji_0060.jpg


甘庵も同じような鉢をいくつか使っていて、
もちろん毎日にようにとは行きませんが、
それでも出番があります。

17_mitufuji_0061.jpg


まずは友人たちの飲み会の時、
ど~んと大胆不敵な盛り付けで、
超適当な手抜きの料理をカバーしてくれて、
ちょっと美味しそうに見えます。

17_mitufuji_0062.jpg

そうなんです。
たっぷりの大きさとゆとりのある盛り付けが、
料理が本格的に見えるしつらえになります。
盛り付ける甘庵も実に心地よく、
料理することが楽しい時間になります。

今日は暑くなってきました。
とりあえずは素麺を茹でて、
氷水の中に泳がせて、
ひんやり感をいただくことにしましょう。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4366-bc52d258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)