FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ガラスのソバチョコの魅力

多目的で使い回しのきくなどと言われる器の代表に、
そばちょこがあります。
普通は磁器や陶器などの焼き物ですが、
ガラスのそばちょこでも言えることです。

19_arakawa_0720.jpg
荒川尚也 ソバチョコA 3,024円
径8cmH6.2cm


ただ、いろいろ使えるだけでは器好きとしてイマイチ。
甘庵的な表現をさせていただければ、
「美味しそう」で「飽きない美しさ」を持って欲しいものです。

19_arakawa_0721.jpg

そこでおすすめなのが荒川尚也さんの、
澄んだ素地に涼しげなアワ文が生きているソバチョコです。
補充しながら使い続けてくださる長いファンのいる、
1/3世紀は続く定番品です。

19_arakawa_0719.jpg

焼き物のそばちょこが見立て使いで、
湯飲みやコップ代わりに使われますが、
荒川さんのソバチョコは代わりではなく、
グラスとして使えて、冷たいお茶から酒類まで、
美味しく楽しめます。

19_arakawa_0722.jpg

同様に器として盛り映えもします。
特に冷たい料理が涼感を添えて楽しめ、
デザート類は焼き物よりも分があると思います。

また一昔前まではガラスは夏の器でしたが、
空調設備が広く整って、
オールシーズンの器になっていて、
四季を通して活躍する器です。

             甘庵
 
ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4384-6ce9f1f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)