FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ほっくりと焼けている磁器

樹ノ音工房の仕事を今日からご紹介してみます。
今日は、佐藤大樹さんの石の仕事から紹介します。

東北のやきもの歴史上でも古い会津本郷は、
日本の東半分のなかでも、
数少ない磁土(陶石の粉)の産出する場所です。
そのため、陶器と磁器の両方が作られてきた、
窯業地です。
今でも、かなりの原料を自前でまかなえている、
珍しい産地です。

knot491.jpg


会津本郷の伝統を引き継いでいる窯元に育った佐藤さんの今回の器は、
磁土に荒土をいれて、素材感を少しざっくりモダンにしてあります。
作り出したさりげないフォルムは、
力強いロクロ挽きから生まれた安心感のある日常の形です。

表面や見込みの、しのぎ文様が、
モダンでありながら、品格もある良い結果を導いています。

knot482.jpg


磁器にありがちな、おすましした姿ではなく、
荒土をいれた肌合いもあって、
暮らしに根付いた、温かさと柔らかさをもっていて、
ほっくりと焼けている美味しそうな器です。
さまざなな料理のジャンルを受け取り、
盛り映えする、使いやすい器に仕上がっています。

                甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/439-86a22729
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)