FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

育てる飯碗

昨日は新米を美味しく炊ける土鍋をご紹介したので、
今日はご飯を食べる楽しみが広がる、
藤田佳三さんの粉引飯碗をご紹介します。

19t_fujita_0568.jpg
粉引飯碗 3,240円(特別価格)
径11.8cmH6.2cm


粉引は素地の土と釉薬の間に、
白化粧した層があります。
長く使って行くことで、
この層に湯水が染み込み変化します。

19t_ffujita_0569.jpg

その変化を汚れと見るか、
侘びてきたと感じるかは、
強制できない好みなのですが、
明らかな汚れとは違う、
育て方だできると思っています。

19t_ffujita_0570.jpg

基本は陶器全体に共通する、
使い方の思いやりです。
詳しくはブログでも何度も書き込んでいますので、
「粉引のはなし」「思いやり」などでブログ内検索をなさって見てください。
または荻窪銀花の「うつわへの思いやり」をご覧になってください。

19t_ffujita_0571.jpg

暮らしにあった自分なりのパターンにして、
粉引飯碗を使って行くと、
それはうつわを育てることになります。
少しずつ落ち着き、ゆっくりと侘びていく様は、
陶器を愛用する醍醐味に他なりません。

特に飯碗は使用頻度が高い身近な器で、
しかも手に取り掌を味わい、
口をつけて口当たりを感じる、
自分の器です。
ご飯が美味しく味わえて楽しみが増えること間違いありません。
体重も・・・。
なので、糖質管理や体重管理は自己責任です。
飯碗に罪はありません。

                   甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4408-939c0d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)