FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

美味しそうなオブジェ

美味しそうな器展から今日ご紹介するのは、
器ではないのですがとても美味しそうな、
半ばオブジェのようなアイテムのガラスの池です。

19_arakawa_0616.jpg
荒川尚也 ガラスの池 6,380円
本体:径9.7cmH5.3cm


付属の金属の玉を乗せると香立てとして使えるのですが、
本体のガラスの塊そのものがとても魅力的な存在感を持ち、
暑い季節には氷のようで涼感を楽しめ、
四季を通して砂糖菓子やジェリーのような、
美味しそうな容姿を見せてくれます。

19_arakawa_0617.jpg

香立ての金属球を外して、
小さなステージに仕立てて落ち花や香草を添えると、
なんだかポエムが生まれそうなしつらえになります。
それなら珍味や酒盗を後生大事に盛りつけして、
秋の夜長を一人酒するのみ似合うかもしれませんね。

19_choco_0844.jpg

いや甘党の甘庵は、
大好きなチョコレートをチョコっと盛って、
(親父ギャクだでありません)
ブラックコーヒーで楽しむのもありかな〜。

19_arakawa_0619.jpg

そんな妄想が広がっていくのも、
魅力的なオブジェでありながら、
美味しそうな存在感からでしょう。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4430-913f588e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)