FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

コップ・ちょこ・カップ

器の中でも身近で、使用頻度が高い器は、
コップ・ちょこ・カップではないでしょうか。
使い方からだと、湯のみ、入れ物、碗なども同じグループ。

knot504.jpg


カップやコップは、
メインにお茶やコーヒー紅茶などの、
飲み物を飲む器ですが、手の中に収まることから、
手にもってたべる小付けのように使ったりします。
逆に、チョコなどは、盛り付ける器でありながら、
多目的は使い方が認知されていて、
分量としてよければ、あらゆる料理やスープ、デザート、
酒類、お茶類と、汎用性が高いですね。

器は、名前で使い方が左右されがちなだけで、
本来の器は自由に使うものですから、
使いやすく、飲み物や料理が美味しくいただけれるなら、
特別な約束はありません。
見立ての工夫は楽しい物です。
料理のレシピの工夫のなかに盛り込んでしまったり、
見立ての工夫からレシピがイメージ出来ることも、
不思議なことではないですね。

銀花での催しにリンクして、
名前だけ甘庵とのコラボですが、
YOMEさんにすっかりお任せの「日々の器と小さなレシピ」は、
楽しいですよ。って、ぼくはしっかり愛読者です。
器に料理を盛りつけたりして、実際に使うことで、
器を楽しん使う提案を、皆様にお伝えしようと、
レシピ付きでご紹介していらっしゃいます。
現在は、樹ノ音工房の作品をつかって、
器の色々な顔を見せてくれています。
ぜひ、覗いてみてください。

            甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/445-03a55b0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)