FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

華やかでいて可愛いさもある鉢

街に少しずつ師走の気配が感じられてきました。
晴れの器の出番がある季節です。
今日は華やかでいて可愛さもある、
中條正康さんの金彩絵替り鉢をご紹介します。

18_chujo_0267.jpg
中條正康 金彩絵替わり平鉢 4,950円
径15cmH5cm


尾形乾山を思わせる鶴と葦に青海波の大胆な、
絵柄と構図の鉢です。
ただ、どこか現代的な要素を持っていて、
絵柄にも上品でいても親しみがもてる、
可愛らしさがあるところが中條さんの絵付けです。

18_chujo_0268.jpg

本家乾山由来のもう一つの特徴として、
器いっぱいの華やかな絵柄でありながら、
料理を邪魔することなく、
不思議なほど美味しそうに盛り映えさせる点です。

18_chujo_0266.jpg

多色が施されても細かく描かれていても、
量産品の持つ無機質な表情とは違い、
一つずつ手で描かれた線描や金彩が持つ、
奥深いゆとりのある力が、
器の品格と同時に温かみを生み出しています。

18_chujo_0269.jpg

卓上に一点あるだけで華やかになり、
しつらえに豊かな広がり出す力のある、
日常的にも使える晴れの器です。

               甘庵
  
ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4466-c4e5f16c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)