FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

暖冬の過ごしやすさと気がかり

妙に暖かい荻窪です。
今日から企画の常設展早春 オススメの器に、
ぴったりと言えばそうなのですが、
まだまだ寒くて待ち遠しい春と思っての早春。
そんな気持ちだったので微妙な心持ちです。

2001_kato_0284.jpg
加藤財 急須横手 白丸 11,000円 容積230cc
磁土を中心に調合した素地が緻密な手仕事と相まって、
クールで爽やかな気配は早春のイメージに重なります。


甘庵のお年頃としては暖かいのは、
何かにつけてありがたく過ごしやすいのですが、
本来降るべき雪がないと困ってしまう方が、
思った以上に多いようですね。


1912_mimata_0024.jpg
巳亦敬一 デザートカップ 蕾 R 5,060円
径11cmH7.3cm
淡くて少し濁った彩りの中の緑が芽吹きを思わせます。
小ぶりな美しいフォルムで使い勝手良いデザートカップです。


スキー場は未だオープンしていないところが、
3割もあるそうです。
たとえオープンしていても雪が少なければ、
滑れるゲレンデも制限があるでしょうから、
集客に大きく響くことでしょう。

17_mitufuji_0245.jpg
光藤佐 白磁小湯飲み 2,970円 径6.5cmH7cm
勢いのある鎬文から春の息吹を感じ取れます。
手にした時に掌以外にも触覚的にも満ちる湯呑みです。


今、目に見えることだけではなく、
雪が降らないと言うことは降水量が少ないことなので、
雪解け水で育つコメをはじめとする農作物の生育も、
このまま雪不足が続くと心配になってきます。

19_arakawa_0818.jpg
荒川尚也 キャスト丸皿 スキ 4,400円 径11.5cmH1.7cm
早春に溶け出す氷の映像を思い出せる素材感は、
早春の演出をしつらえたくなります。


はっきりした四季の変化や天候が日本の風土で、
それが生活風習「に大きな影響を与えて、
和の文化が形つくられてきました。
四季が四季らしくあってこその日本だと、
改めて思います。

                   甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4482-cfa8411d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)