FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

土味が強いのに気品を備えた小皿

今日ご紹介する中條正康さんの絵替金彩土器皿は、
鉄分の多めの黒く焼き上がる素地を生かして、
白化粧土で作り出した径13cmの構図に、
鉄絵と金彩で四季を描いています。

18_chujo_0015.jpg
中條正康 絵替金彩土器皿 4,950円
径13cmH1.5cm


土味の強い柔らかそうで色黒の素地に、
描かれた華やかな四季の絵付けは優雅で、
親しみやすさと気品を両立させています。

18_chujo_0016.jpg

少し盛りつけたり取り皿だったりと、
使い勝手のよいサイズ感も、
気軽に食卓で使いやすく、
花を添えるしつらえになる楽しい器です。

18_chujo_0017.jpg

それでも素性の確かさで、
四季折々の晴れの場でも、
備えた品格を生かして、
小さくても豪華な一皿になります。

18_chujo_0018.jpg

優しく親しみがありながらも気品があるのは、
中條さんの描く微笑ましい絵柄の力です。
乾山写しでありながらも絵本のような、
温かみのある可愛らしさを持っているからです。
よそよそしさがないため飽きがこない、
使うほどに愛着の増していく小皿です。

               甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4483-9e704ddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)