FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

身近に感じるデザートカップ

よしず風鈴カキ氷と昭和の夏をイメージできる方には、
懐かしさを覚える姿をしている、
巳亦敬一さんの新スキデザートカップ丸です。

19_mimata_0034.jpg
巳亦敬一 新スキデザートカップ丸 3,520円
径11cmH7.6cm


エアコンなどない飲食店で、
団子があったりラーメンがあったりして、
夏になると氷という字が赤で染め抜いた氷旗が下がり、
塊の氷を鋳物のかき氷機で削り出す音が、
涼感そのものでした。

19_mimata_0035.jpg

とそんな情景を多少なりとも記憶ある方には、
このデザートカップのフォルムは、
親しみのある姿だと思います。

19_mimata_0037.jpg

もちろんかき氷にぴったりですが、
デザート全般を楽しめるだけではなく、
高坏として様々な料理が盛り映えして、
ステムがある分少し豪華になり、
食卓のしつらえに高低のリズムを生み出します。

19_mimata_0038.jpg

そんなよそ行き感覚を持ちながらも、
そこは巳亦さんの作るガラス器なので、
安定感があって丈夫なので、
日常使いの器として気軽に使えるところが、
一番嬉しいところです。

気軽に使えるからこそ、
多様な使い方を楽しめて、
色々使い回せて出番も多ければ、
器として生きてきて元も取れるというものです。

                 甘庵
 
ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4485-f32fdf2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)