FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

雪解け風景が見えてくる五寸皿

今日の荻窪は日差しがすっかり春です。
気温は昨日よりは低くても、
空の色や日差しに春を感じます。

20_kubota_0312.jpg
久保田信一 長石釉鉄流描五寸皿 2,530円
径15cmH3cm


今日ご紹介するのは初めて見た時に、
雪解けを連想した久保田信一さんの、
長石釉鉄流描の五寸皿です。


20_kubota_0313.jpg

プレートではなく見込みに深さのある、
浅鉢といっても良い使い方に広がりのある、
日常の器として使い勝手の良い五寸皿です。

20_kubota_0312.jpg

流描と表記しているのは、
文様の描く方が通常の筆ではなく、
鉄絵の具を流して描く方法だからです。

20_kubota_0314.jpg

そのため意図はしていても、
筆などで描くよりも不自由さがあります。
その分動きのある一つだけの文様になり、
自然が描きだす風景に似ています。

モノトーンの表情が印象深く強い調子に感じて、
料理映えを心配なさる方がいますが、
それがまるで逆です。
とても料理映えする器です。
というよりなんでも美味しそうになる、
盛り付けにはすごーく頼りになる器です。

             甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4489-9535bd61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)