FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

シンプルで使いやすい定番グラス

企画展の人気の定番品から荻窪銀花の定番品をご紹介しています。
今日は荒川尚也さんのアワグラスCです。
オーソドックスなコップのイメージによくある、
底面から口縁に広がるテーパーがつけられたグラスです。

20_arakawa_0379.jpg
荒川尚也 アワグラス C 3,080円 
径8cmH9.9cm
八分目で150ccほど満水で220ccほど


直線的なデザインのテーパーは、
重なりもよい納まりになり、
日常のグラスとして使いやすいデザインです。

20_arakawa_0381.jpg

よく見比べていただくと、
一つずつ作られる吹きガラスなので、
微妙な形の違いや螺旋に入るアワ文が、
表情の違う個性を持っています。
吹きガラスの持つ魅力を味わっていただけます。

20_arakawa_0383.jpg

使い出して気づかれる1番の違いは、
口当たりです。
吹きガラスの工程で口縁は丁寧に、
一つずつ丸めて整えられて、
滑らかで優しい口当たりが生まれます。

20_arakawa_0384.jpg

またテーパーのあるデザインは、
底に近いと口径が小さく、
口の方に上がるほど口径が大きくなり、
子供から大人まで手の大きさに合わせて、
自然と持ちやすい場所を持つことができます。

シンプルな中に使い勝手が凝縮されているからこそ、
人気の定番グラスになっています。

                甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4497-3a9db673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)