FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

積極的に煎茶を楽しむ定番品

お茶が美味しく入る急須として、
よく加藤財さんの急須をお勧めしますが、
平均的に200cc前後の容積なので、
少ないと思われる方がいらっしゃいます。
でもこのぐらいがお茶が美味しく煎れる分量です。

20_mitufuji_0376.jpg
光藤佐 粉引煎茶碗 2,530円
径9cmH5cm
程よく入れて80cc満水で170ccほど


無駄のないつくりなので、
見た目が小さく見えることや、
お使いになっている器から想定されて、
「湯のみ2杯とれるかしら」と、
心配される方が多くいらっしゃいます。
平均的な湯のみのサイズの100~120ccなら、
十分2杯を入れられますが・・・。

20_mitufuji_0374.jpg

「湯のみは名前のままで湯を飲むから湯のみなので、
煎茶を美味しく味わうには煎茶碗がベストかと・・・」などと、
ついつい暴言を吐いてヒンシュクを買う甘庵です。
でも本当に煎茶を楽しんでもらいたいという、
素直な想いからなので・・・どうか大目に見てください。

20_mitufuji_0377.jpg

そこでオススメなのが光藤佐さんの粉引煎茶碗です。
八分目で80ccほど満水で170ccほどのサイズです。
ゆったり煎茶を味わうなら50ccほど煎れると、
上品にお点前でもてなされた感あります。

20_mitufuji_0378.jpg

すくないと思われがちですが、
二煎目を少し高めの湯で味わい。
家庭ならご愛嬌で三煎目もいただいて・・。
飲み足らなければ茶葉を取り替えて、
もう二煎いただけば、
じっくり時間をかけて味わい、
心まで潤す時間を楽しめば、
煎茶でカフェ気分も堪能できる、
おススメの定番品です。

                 甘庵 
 
ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

  

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4506-e405c7cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)