FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

こんな時WEBが切れてゴメンなさい

昨日の夕方から荻窪銀花のHPがご覧いただけない状態です。
小さな店舗なのでレンタルサーバー内に、
HPのファイルが入っていて、
記事の更新などのアップロードしています。

今回はオーダフォームに大量の悪意あるファイルがアップロードされて、
サーバーの管理側でシャットダウンしてHPが公開停止になりました。
早速ウイルスチェックを実行しウイルスは問題なく、
パスワードの変更やサーバーのファイルを一旦削除して、
少しコンパクトに書き換えたHPファイルとアップロードしています。
ご迷惑とおかけしていますが、
HP再開までもう少しお待ちください。

20_fujita_0710.jpg
藤田佳三 粉引汲み出し碗 2,370円(特別価格)
径10.2cmH5.7cm 程よく入れて120cc程です


と言う状況でもブログは別サイトなので本日も書き込みます。
今日ご紹介するのは藤田佳三さんの粉引汲み出しです。
S社のお茶の○右衛門の初期のコマーシャルでも使われていた、
湯呑み茶碗のモデルといっても良い、
品のある姿とお茶の映りの良い、
粉引独特の柔らかな白が魅力的な汲み出し碗です。

20_fujita_0708.jpg
20_fujita_0713.jpg
上が未使用の汲み出し碗で、
下が長く使った汲み出し碗です。


粉引は白いといっても白磁などのような硬質感がなく、
陶器ならではの温もりのあるぽってり感が心情です。
それは同時に使うことで少しずつ侘びていく、
器を育てる楽しみを持てる汲み出し碗です。
なので変化がお好みでない方には不向きです。

20_fujita_0712.jpg

荻窪銀花で10年以上は使っている同型の汲み出しの、
画像も一緒にご覧ください。
変化は一つずつでそれもまた楽しいところです。

お茶メーカーさんが認めるくらいなので、
飲み口の滑らかさは抜群で、
お茶の味わいを一層深めてくれる汲み出し碗です。

                 甘庵
 
ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4555-0f8b9e5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)