FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

水ひきの動きそのまま仕立て上げ

また動画をアップしてみました。
足で蹴って回す蹴轆轤で挽き出した、
野波実さんの白磁のコップです。


野波 実
左:マット白磁カップ 2,970円 径9. 3cmH10cm 程よく入れて250cc
左:白磁カップ 2,750円 径9.5cmH8.9cm 程よく入れて200cc


甘庵の個人的な主観が強い視点で、
眺めているように撮っています。

他人様からはマニアックな見方になっているかも・・。
でもお伝えしたいところが多いカップです。
普通の白磁のようにつるりんしていない、
蹴轆轤のゆったりした動きそのままのロクロ目が表面に残り、
高台はシッピキでギリギリに切り取り、
最小限の削りだけて仕上げています。
それでいて光に当てて見込みを覗くと、
光が透けるほど薄く無駄なく仕上がっています。

またわずかしか削っていないのに、
個性も引き出されている高台の作りは、
なかなかいいんです。
さぁ〜ご覧あれ。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4567-45ef7edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)