FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

長く広く常に使える定番文様

雨が降ったり止んだり日が照ったり曇ったりと、
はっきりしない天気の荻窪です。
梅雨なので湿度もたっぷりあります。

マスクが辛くなり熱中症にもなりやすくなるので、
人との距離が保てたり迷惑をかけない外気の中などでは、
タイミングを見計らいマスク無しにする場面も作って行って、
蒸し暑い夏を乗り切る工夫を身につけましょうね。

20_mimata_0068.jpg
巳亦敬一 巻台の鉢 蕾 R 4,620円
径10cmH5.5cm


さて今日は開催中の巳亦敬一さんの彩ガラス展から、
人気の定番文様となった蕾文の、
しかも当初から作られている赤の蕾文の新しい器です。

20_mimata_0070.jpg

巻台小鉢 蕾 R という名称になる器です。
巻台は今回の器に多く使われている高台の、
平らなベタ底に溶けたガラスをぐるりと渦上に付けた、
見込みにうっすらと渦が透けて見る愛嬌のある高台です。

20_mimata_0069.jpg

カップのベースはベージュのパウダーで、
赤の蕾文が入るところはそばちょこやデザートカップでも、
おなじみの配色ですが・・・そこに、
今年のテーマ色の紫を腰から高台部分に配色していて、
形に加えて色合いも重心の低い見え方の仕上がりです。

20_mimata_0071.jpg

大きさも使い勝手の良いサイズ感です。
10cmの口径と5.5cmの高さは、
間違いのなく使い勝手の良い、
日常食器として出番の多いサイズです。
しかも重なりも抜群で棚の高さがあれば、
5客も重ねて収納できます。

             甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4587-e7140972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)