FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

紫式部

蒸し暑さでよどんだ風に揺れている細い枝に、
数ミリの小さな紫の花が咲いている。
紫式部(むらさきしきぶ)の花です。

murasakisikibu.jpg


大きさも色合いも派手ではなく、
薫りも記憶にない花のためが、
見過ごしてしまうことが多い。

花の名前は、植物では珍し紫色の実から、
著名な紫式部と名付けられたらしい。
少なくても彼女の死後の命名だろうから、
花の名前としては、1000年未満の歴史なんだな。
考えてみれば、薔薇などには、
プリンセスや有名人の名もありますね。

そういえば、お客さまにお支払いただくと、
いつもピン札なのが2000円札。
この2000円札には、紫式部さんのお姿がある。
下ぶくれの気配以外あまり表情がわかりませんが、
平安時代の気高き女性のお姿なのでしょうね。

源氏物語の鈴虫の場面とその冒頭だそうだけど、
ぐにゅぐにゅって、書かれている。
眺め眇めてみたが、部分的にはそれらしく読めても、
意味が今ひとつという、自分の無教養が悲しいです。

そうだ、男子校だった高校時代の先輩に、
「紫」さんという姓の方がいた。
どうも由緒正しきお家のようだった。
「珍しい姓ですよね」とぼく。
「電話帳でしらべたら、東京都にはウチ以外にもう一件あったな」と、
クールな感じで言われていたのが、
印象に残っているな。
      
              甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/459-c251c5a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)