FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

澄んだガラス素地の涼感がご馳走になる

梅雨の時期に毎年のように集中豪雨で被害が出てしまいますが、
今年は南九州で大変なことになってしまいました。
まだ降り続きそうですがこれ以上の被害が出ないことを、
祈るばかりです。

荻窪も気温が高くないのに蒸しています。
コロナ対策として窓を開けて換気しているのですが、
湿度に我慢できずにエアコンも稼働させています。

19_arakawa_0762.jpg
荒川尚也 ディップ小鉢 4,950円
径16.2cmH6.3cm


この蒸し暑さが日本のガラスの器を豊かにして行ったと、
甘庵は考えています。
ガラスの器として先進国だった欧米では、
器としてはグラスが中心で、
食卓に上って料理を涼しげに盛り付けるのは、
和の食文化だからこそです。

19_arakawa_0765.jpg

今日はそんな使い方にぴったりの、
荒川尚也さんのディップ小鉢をご紹介します。

19_arakawa_0763.jpg

美味しそうな水のように澄んだ素地だからこそ生きる、
アワ点文が三方向にさらりと入った、
シンプルでどんな料理も盛り映えして、
丈夫で使い勝手の良い日常的に使えるガラス器です。

19_arakawa_0766.jpg

それでいて品格があり、
しっかりとしつらえて盛り付けて、
晴れの器として力を発揮する器です。

               甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4593-228cb792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)