FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

冷たいのも熱いのも美味しく味わえる器

朝から携帯に熱中症に警戒のお知らせがどどいていました。
体にもそうですが気持ち的も蒸し暑さがこたえます。
そんな蒸し暑さにうんざりしている甘庵に思い浮かんだ器は、
久保田信一さんの刷毛目小丼です。
全体的に少しマットな質感が水に潜らせて使うことで、
涼感がぐんと引き出される夏向きの小丼です。

17_mycup_1313.jpg
久保田信一 刷毛目小丼碗  4,400円
径16.5cmH7cm


手に持っても使いやすいですが、
安定感のある高台なので鉢として、
積極的に使いたい器です。

17_mycup_1315.jpg

一人冷たい麺をいただくのも、
夏野菜たっぷりの栄養サラダをいただくのも、
冷たいとうがんをいただくのも美味しそう・・。

17_mycup_1314.jpg

と、器も冷やしておいて冷たい料理が、
美味しそうに盛り付けられたイメージが、
自然に浮かび上がります。

17_mycup_1316.jpg

でも・・・辛いものも暑いときには食べたくなりますよね。
ピリ辛の麻婆ナスや坦々麺も大汗かいていただくと、
その時は暑いのにその後がスッキリする感触も、
夏ならではの味わいかもしれません。

と、久保田さんの器はどれもそうなのですが、
食いしん坊の方なら必ず感じるのが、
美味しそうな料理のイメージがどんどん湧いてくる、
そんな器だと言えます。

                甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4594-46f9291b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)