FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

小さな花器で一人遊

今日ご紹介するのは小さいけど壺の格調を備えている、
野波実さんの青白磁とびかんな小壺です。
高さが三寸にも満たないサイズなのに、
甘庵にはどこか惹かれてしまう存在感を感じる、
大好きな小花器です。

20_nonami_0453.jpg

「とびかんな」とあるのは、
やきものの高台などを削る時の道具の「かんな」を使い、
素地に連続する刻みを入れた文様のことです。

20_nonami_0448.jpg
野波実 青白磁とびかんな小壺 3,300円
径5.5cmH8cm


板状のかんなが轆轤の回転に共振させて、
素地を規則的に打ち連続する刻み文様を作るという、
ちょっと職人チックな技です。

20_nonami_0450.jpg

わずかに青味がかった白磁釉が、
刻みの凹みに溜まった分文様が浮き出ます。
と言っても優しい表情でくどさがないので、
「言われてみれば見える」という上品な仕上がりです。

20_nonami_0451.jpg

野草でも小枝でもなんでも、
植物が可愛いく感じる甘庵には、
実に使い勝手が良い花器で、
技も知識にも関わりなく、
ちょこっと投げ入れるだけで、
気持ちがホンワカする空間が浮かび上がります。

初めの画像は古い小引き出しを花台に見立て、
小さなステージに仕立てています。
こんなことで気持ちが和み、
外へ出かけずに一人遊びしている甘庵です。

                甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4610-b4ff0cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)