FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

小ぶりなポットの使い方色々

加藤財さんの急須やポットは使い出すと、
違うものが欲しくなったり、
運悪く破損してもまた欲しくなります。
それは財急須ならではの美しい端正は姿よりも、
使い勝手や使い心地の良さからだと思います。

1912_kato_0067.jpg
加藤財 ポット 黒なすび 13,200円
容積400cc


スルスルと注げて、
スパッと切れる感覚は、
一度手に入れるとやめられなくなります。

1912_kato_0069.jpg

隅々まで丁寧に作られた細やか作りが、
視覚や触覚的な心地よさに対して、
繊細で上品な注ぎ心地の良さは、
精神的に満たされる潤いがあります。
入れるお茶の味にも反映していると思います。

1912_kato_0070.jpg

今日ご紹介しているポットなすびは容積400ccほどで、
ポットの中では比較的小ぶりです。
一つ目のポットを選ぶ方はだいたい500cc以上の、
たっぷり入るものを選ばれます。

1912_kato_0071.jpg

確かにそれは番茶ほうじ茶や紅茶などを、
たっぷりいただくのにピッタリですが、
もしまたポットや急須をとお考えになった時には、
このサイズのポットも使い方を含めて選択の候補にして欲しいサイズです。

ワンカップ(200cc)ほどのたっぷりの湯呑みで2杯とれます。
80ccほどの湯呑みに5杯とれます。
少人数の家族で食後に熱い緑茶をたっぷり飲みたい方や、
マグで紅茶を浅めと少し間をおいて濃いめの紅茶を楽しむ時や、
5人ほどのお客様へお茶を入れたいときなどに、
程よいサイズだと思います。

ポットは350ccほどから600ccを超えるものまで、
時々で色々出会えます。
ご自分のお茶習慣に照らしてお選びいただける楽しみがあります。

                      甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4629-eb73674e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)