FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

身近に手仕事の逸品を置く

黒金曜お買得市から今日は染付けの陶硯をご紹介します。
荻窪銀花の「男の欲しい逸品」というテーマの企画展で、
作り手に投げかけたところ、
葛西義信さんが作ってくれた染付けの陶硯です。

20_blackfriday_0083.jpg
葛西義信 陶硯 6,600円
期間中50%引きで3,300円
W11.5cmD13.5cmH2.2cm


素地が磁器で塊なので丈夫です。
染付けの文様は波に桜花です。
海と丘が瓢型になっています。
さりげなく吉兆感のある陶硯です。

20_blackfriday_0084.jpg

磁器の硯は汚れにくくて、
管理が楽で綺麗に保てます。
食器洗剤つけて普通に洗うと、
海と丘が少し黒っぽく残っても、
綺麗になります。
海と丘も少しゴシゴシすれば、
ほぼ新品のようになります。

20_blackfriday_0085.jpg

絵手紙や墨絵を描かれたり、
俳句や短歌を詠んだりなさる方には、
凄くオススメです。
身近に置いておき気軽に墨をすって、
描いたり詠んだりするのは、
なかなか素敵ではないですか。

20_blackfriday_0088.jpg

これからの年賀状の季節には、
筆ペンも良いのですが、
ホームステイで少し時間も取れるなら、
墨をすって認めるのも良いかもしれませんね。
同じように新年の書き初めもまた、
楽しい時間になりそうです。

            甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4684-ba38be3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)