FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

育てるのが楽しい茶碗

黒金曜お買得市から今日は使い込むほどに、
少しずつ良い表情に育っていく、
伊羅保釉の茶碗をご紹介します。

20_blackfriday_0124.jpg
西村宜明 灰釉茶碗 定価12,960円
60%引きで5,184円
径15.5cmH7.5cm


抹茶碗なのですが、
まずは身近において色々使って、
使い込みほどにしっとりと良い感じになります。
オススメは飯椀として使ってください。
少し大振りですがでもゆったり盛って食べると、
とても美味しくご飯がいただけます。

20_blackfriday_0128.jpg

同じように小ぶりな丼としても、
掌を楽しみ、盛り映えを味わい、
実に楽しく丼物を頂けます。

20_blackfriday_0126.jpg

高台が大きく安定感のある茶碗なので、
五寸鉢として十分に活用できます。
何より盛り映え抜群で、
なんでも美味しそうにしてくれます。

20_blackfriday_0129.jpg

毎日のように使っていただけると、
ふと気付いた時には、
重厚な趣を持っていて、
自然とお茶を点てたくなる、
存在感のある碗になっていることでしょう。

早く良くするテクニックとしては、
洗う時に亀の子だわしで洗っていただくと、
伊羅保釉独特の釉薬の粗面が、
傷つけることなく落とされていって、
少しだけ早く良い表情に育つのが見られます。

             甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4686-7314234b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)