FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

冬の献立が似合う粉引鉢

寒くなってきて根菜や葉物野菜が甘く美味しくなってきました。
それらを生かした煮物などの冬の献立が、
いっそう美味しそうに盛り映えするのが、
ご紹介している小野寺友子さんの粉引鉢です。

18_kansya_0564.jpg
小野寺友子 粉引鉢大 5,500円
径22cmH7cm


小野寺さんの粉引は、
通常の泥状の化粧土に器をつけて施すところを、
刷毛で施す総刷毛目のような方法です。

18_kansya_0563.jpg

そのために見え隠れする素地の土色の様子が、
和の手法の器でありながら、
小野寺さん独特のモダンあフォルムと合間って、
料理がグローバルになっている今の食卓で活躍します。

18_kansya_0565.jpg

ブリ大根や筑前煮もぴったりですが、
ラタトゥイユやトマト煮込みも似合います。

18_kansya_0566.jpg

少しざらっとしたテクスチャーと、
ベージュがかった温かみのある粉引の表情は、
器自体がとても美味しそうで、
身も心も温まる一品になります。

               甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4692-c140f478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)